DOS 起動 USB メモリの作成

提供:maruko2 Note.
移動: 案内, 検索

目次

大まかな手順

  1. Virtual Floppy Drive で仮想フロッピードライブを作成する。
  2. 仮想フロッピードライブで、MS-DOS の起動ディスクを作成する。
  3. MS-DOS の起動ディスクを、HP USB Disk Storage Format Tool で USB メモリに書きこむ。

Windows XP, Vista, 7 いずれのバージョンでも作成可能。

使用アプリ

Virtual Floppy Drive

HP USB Disk Storage Format Tool

作成手順

Virtual Floppy Drive で仮想フロッピードライブを作成する

Virtual Floppy Drive を ダウンロード

仮想フロッピードライブで、MS-DOS の起動ディスクを作成する

コンピュータに フロッピー ディスク ドライブ (A:) ができている。

フロッピーディスクドライブ.png

フロッピー ディスク ドライブ (A:) を右クリックし、MS-DOS の起動ディスクを作成する にチェックを入れ 開始 をクリックする。

MS-DOSの起動ディスクを作成する.png

数秒で完了する。

MS-DOS の起動ディスクを、HP USB Disk Storage Format Tool で USB メモリに書きこむ

HPUSBFW.png

HP USB Disk Storage Format Tool を起動し、次の設定をし Start をクリックする。

これで、DOS 起動 USB メモリの完成。

フロッピーディスクイメージを ISO イメージに変換する

fdtoiso_gui.lzh を利用すると、フロッピーディスクイメージを ISO 形式のイメージファイルに変換できる。

ISO イメージを CD に書き込めば、CD ブートディスクのできあがり。[3]

備考

  1. オリジナル版を Windows 7 で起動すると「Windows 95/98/Me では起動しません。」と表示され起動しない。
  2. さらに Windows 7 64bit を利用する場合、SourceForge.JP Magazine の記事 を参考にする。
  3. 書き込んだ CD を開くと、書き込みに失敗している感じになってるが、問題なく書き込めている。
LINEで送る このエントリーをはてなブックマークに追加
個人用ツール
名前空間
変種
表示
操作
案内
ツールボックス

注目のページ

このサイトのはてなブックマーク数